FEATURES

中絶をお考えの方へ

中絶手術と不妊症の関係

将来を守る中絶手術

中絶手術をお考えの方から「中絶手術を行うと、将来、妊娠できなくなりませんか?」

というご質問をよくいただきます。子宮にダメージを与えない、安全、丁寧な方法で中絶手術が行われていれば、

不妊症になる可能性は極めて低いです。不妊症の原因となり得るトラブルから患者様を守るために、

当院では子宮内膜へのダメージを最小限に抑える最新の吸引法により、経腹超音波診断装置を併用し、安全で丁寧な無痛中絶手術を行っております。

子宮へのダメージが少ない「吸引法」

当院では吸引法にて無痛中絶手術を行います。

吸引法は、子宮内膜へのダメージが少なく、子宮穿孔(子宮に穴が開くこと)のリスクも抑えられます。

手術時間は10分程度ですので、患者様のお身体の負担も減らすことができます。

母体保護法指定医による手術

中絶手術は母体保護法という法律によって定められた施設で、定められた医師が行う必要があります。

当院では産婦人科専門医・母体保護法指定医が、患者様のお身体を第一に考え、経腹超音波診断装置を併用し、

子宮を傷つけないよう丁寧に手術を行っています。

感染症から守る

感染症を起こして子宮に癒着などが生じてしまうと、不妊症につながる場合があります。そのため、手術室や医療機器は滅菌を行い、常に清潔な状態が保たれるようにしています。また、術後の抗生剤の服用により感染症を予防しています。

_S2A4349.jpg